スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今更更新!
お待たせしました!
もはや誰も見ていないであろう絶妙なるタイミングでの更新!
ええ☆色々すいません!!

雑誌ではめでたく最終回を迎えたブッシメン!ですが、つい先日、単行本4巻の作業が完了致しました♪
毎度充実(?)のオマケも乞うご期待☆

作品に関してのコメントは単行本のあとがきに書いたので、ここでどうこう語るような話ではないのですが、漫画描きとして実に収穫の多い漫画となってくれました。
キャラにしても、自分の作品にしては珍しく思い入れのある面々に育ってくれたので、今後もどこかで会えるかもしれませんね〜☆

思いのほか終了を惜しむ声もいただき、感謝感謝です☆


次回作についてはこのブログなどで随時発表していきたいと思っております。
まぁなるべく更新するよう心掛けたいとは思ってるんで(笑)今後とも物好きな方々はお付き合いくださいませ〜
♪( ´▽`)
| 近況・報告 | 21:40 | - | - | pookmark |
ブッシメン!最終回
今日発売のイブニングにてブッシ最終回です☆

なんか適当なコメントの一つも更新せにゃならんかな、とも思う訳ですが
久しぶりに風邪ひいちゃいまして体調最悪なので、申し訳ないのですが
近い内にまたブログ更新させていただきます。
| 近況・報告 | 18:42 | - | - | pookmark |
ブッシメン!3巻発売中☆
ご無沙汰しております!

本日、ブッシメン!3巻発売です!

いやぁもうすっかり忘れてたなんて都市伝説です☆

思い出したからには宣伝を!!

本編もオマケも抜かりなしの新刊、よろしくお願いいたします!

| 近況・報告 | 13:43 | - | - | pookmark |
親鸞と法然展
>【法然と親鸞展 〜12/4(日)@東京国立博物館平成館】本日11/8付朝刊では、都内版など一部地域の地方版で「著名人が語る本展の作品紹介」の連載が始まりました!初回は漫画家の小野洋一郎さん。あの「ブレイブストーリー」を漫画で描いた方です。


…だそうな!
報告が遅くなってすんません(>人<;)
親鸞と法然展にお呼ばれしまして。
朝日新聞関東版のみですがインタブー答えてまぁりました☆
実は自分でもまだ確認出来てないので、どう書かれてるかドキドキ♪( ´θ`)ノ
良かったらお目汚しあれ(^∇^)
| 近況・報告 | 21:15 | - | - | pookmark |
ぶっちぎってたぜ!
 26日夜。

ヒーローソング界のリアルヒーローこと宮内タカユキ兄貴とカラオケ行ってきたぜ!!

氏の珠玉の名曲群をセルフカバーした新作アルバム『メモリアル・ソルジャー』のジャケットを描きおろした件で、ポスターやらグッズやらをサイン付きでゲット☆

さらには、マイクを通さぬ文字通りの生歌にテンションMAX!!

これはいよいよ、メモリアル・ソルジャー宮内(仮)の全身の設定を描き下ろさねばなるまいか☆

どういう奇縁か、僕の地元の友人Mとも知り合いで、共通の知人を肴に盛り上がってきたのであった♪

現在、氏のブログにて僕も珍しくツラ晒してるので自己責任で見ればいいさ!!

ぶっちぎてたぜ!
| 近況・報告 | 12:16 | - | - | pookmark |
なうおんせーる!!!!
ブッシメン!第二巻、絶賛好評大発売中!!!!

と、みずから言う☆

そして次号のイブニングは表紙カラー♪

お楽しみに〜!
| 近況・報告 | 09:33 | - | - | pookmark |
お仕事☆情報
 ご無沙汰サタデー!!


●私のいる空間がねじれ現象でも起こしていない限り、今度出るイブニングでなんと『ブッシメン!』が巻頭カラー&増ページ掲載!!!

本屋・コンビニで見かけたら焚書だ!



●加えて、今月は単行本2巻も出ます☆

いつも恒例のオマケ漫画付きで、カラーも気合い入ってオススメの一冊!

流行に乗り遅れたければ要チェックや!!



●さらにさらに! 28日には特撮ソング界の大御所・宮内タカユキ兄貴によるメモリアル・セルフカバー・アルバムが発売!!

「関係ないやんけ」?

ノンノ〜ン☆

なんとこのCDジャケ、誰あろう私こと俺が描かせていただいちゃったのであります!!!!

アニキ曰く、これまで沢山のヒーローソングは歌ってきたものの、未だかつて一度も変身だけはした事がないとの事で、今回はご本人の要望にお答えして宇宙音楽技術の粋を結集!

メモリアルソルジャーMTにご変身いただいた次第!!

その御姿を楽しみつつ、新たに生まれ変わった珠玉のヒーローソングに燃えるがいいわさ!!

チェケラゥ!!!!



色々盛りだくさんの今月、喜びすぎて朝起きるのを忘れるな!
| 近況・報告 | 09:30 | - | - | pookmark |
なんじゃコリャ
今号の扉絵。
印刷でとんでもない形で出てるかも。
一般流通してる雑誌では確認してないけれど、真っ黒に潰れてたらスイマセン。
| 近況・報告 | 08:10 | - | - | pookmark |
宣伝  &  迷子のミーナその後
 はうっ、、、もう5月も中旬過ぎとか。

間違いなく時間がどこかに消し飛んでいる。



お待たせしました。

今月…っていうか今度の月曜、つまり明後日、

『ブッシメン!』 第一巻 発売です!!


ホントは先月発刊の予定だったんすけどね。

お陰さまで内容盛り沢山、サービス増!(一部 減!w)

更には劇中作 『末法警察ゼン』 オマケ4コマに加え、

3月11日からの震災レポート漫画を描き下ろし☆

例によって本編以上に読み応えたっぷりなオマケとなっております♪


どうぞ皆様 書店で見かけましたら、一瞥くれた上で
焚書していただけますと、明かりがとれて節電に繋がると思います!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




話変わって、前回書きかけだった行方不明の猫・ミーナにつきまして。


4月7日の余震で逃げ出し迷子になっていた訳ですが、ご近所さまにご通報いただき捕まえる事が出来ました。

実に三週間近くノラ生活をしていたようです。

子猫の頃から家の中だけで飼ってきたので、帰り道がわからなくなってしまったのでしょう。

捕まえた時にはすっかり痩せ細っておりました。

人に対してもかなり警戒しており、飼い主の僕の事すらわからない様子でした。


…実は、行方不明から一週間後の4月14日、一度は自力で発見してあと数10cmという所まで追い詰めたのですが、取り逃がすという失敗をやらかしていました。

その悔しさもあって、再び見つかるまではとにかく気が気ではなく、時間を見つけては近隣を捜し歩いたり、ご近所さまにポスターをお渡して協力をお願いする日々でした。

ありがたい事に、どなたも快く引き受けて下さり、それだけが心の拠り所でした。

しかしそれ以降、殆ど目撃情報もなく、気持ちだけが焦る毎日。

雨が降れば心配し、食事時には胸が締め付けられ。



まぁ、たかが猫と言われればそうなのですが、実はこのミーナには特別な想いがございまして。



昔むかし、我が家には『チビ』という一匹の白猫がおりました。

僕より数ヵ月はやく生まれたチビは、赤ん坊の僕にまるで姉か保護者のように常に寄り添ってくれていたそうです。

僕の姿が見えなくともチビを呼べば、現れた所に必ず僕もいたというほど。

しかし物心つく前とはいえ、幼い僕は妊娠中のチビのお腹に乗って、流産させてしまうという事件を起こしました。

結果、チビは子供の生めない身体となってしまったのです。


その後チビは21歳まで生きました。 人間でいえば100歳だそうです。

僕が成人式を終え、二十歳になった数日後、役割を終えたかのように体調を崩し、逝ってしまいました。


そんなチビをモデルに描いた漫画は、僕をプロの道へ導いてくれました。



−−−それから数年後。

絶えたと思われていたチビの血筋が、まだ残っている事が判明。

20数年前、よその家に貰われていったチビの姉妹の子孫が、命を繋ぎ続けていてくれたのです。

知った時には、長年の胸のつかえが消えていく想いでした。

ただただ、その事実に感謝しました。

そうして生まれた子猫を2匹、我が家で引き取る事に。

それが、ミーナとユウタだった訳です。


特にミーナはチビと同じ白猫で、更には虹彩異色症(俗に言うオッドアイ)のため左右の眼の色が違う子でした。

とても神秘的ではあるのですが、反面、生まれつき免疫力が低いと言われています。

チビのように長くは生きられない子かもしれないけれど、そのぶん必ず幸せにすると誓いました。

…そんな子が地震から三週間も行方不明になったのですから、もう悔やんでも悔やみきれません。

あの子が見つかるまで決して諦めないと、必ずこの手で捕まえると。そうでなければ、チビに合わせる顔がない、そう呟く日々でした。



運命の4月26日。

日は落ちかけ、母も諦めを口にし、僕の心にもさすがに陰りが見え始めた頃。

これまで同様、けもの道を捜索中だった僕の携帯に、母から連絡がありました。

14日取り逃がした場所のすぐ近くで、白猫を見たという通報があったらしいのです。

久々の有力情報。重い身体に力が漲るようでした。

おそらくこれが最後のチャンス。絶対に捕まねばなりません。


駆けつけると、倒壊寸前で空家となった家屋の前で、たまたま家の様子を見に来ていた住人さんが待っていました。

2階の一番奥の部屋、窓際に白い猫がいる、と。

かつて旅籠だったという建物の中をライトで照らしながら、案内に沿って歩いて辿り着いた部屋のカーテンの内側。

白い影は間違いなくミーナでした。 生きていてくれた! 背筋が震えました。

しかし捕まえようとすると警戒し、おおいに暴れ、声をかけても僕と気付いてくれません。

幸いにも今回は屋内…扉を閉めれば逃げ場はありません。

ただ、それでも一度逃がした後悔が脳裏をかすめます。

だから今回は例え手を引き裂かれたとしても捕まえてやる、と、怯まず特攻。

格闘の末、ようやく確保する事ができたのです。

10カ所近く引っ掻かれて、僕の手は血だらけになってしまいましたが、気持ちは安堵と高揚感で満ち溢れていました。

住人の方にお礼を言って、すぐに帰宅。

母もご近所さんも、とにかく喜んでくれて感無量。

ミーナ本人はというと、実家に戻れた瞬間それまで暴れていたのが嘘のように静まり、ようやく帰ってきた我が家に安心したのか、すぐ僕にも甘えてくれるようになりました。

家に久しぶりの笑顔が戻った瞬間でした。


−−−それから半月。

はじめはショックと体力の低下から、少しぎこちなかったミーナもようやく元通り元気を取り戻してくれたようです。

今では兄弟と家中ハシャギ回って大騒ぎしています☆





震災以降、色々と思う事はありますが、僕の住む内陸部はもうすっかり元の姿に戻りつつあります。

というより、沿岸部の被害が甚大すぎて、被災地ヅラできないといった感じです。

むしろ地震による被害だけなら、内陸部の方が酷かったと言われるぐらい全半壊した家屋や死傷者もいて、沿岸部の津波がなければ間違いなく激甚災害に指定されているハズと言う人もいるのですが、それでも十分、ココは楽園だと思います。

というか、思っていました。

自分は家も家族も無事、仕事もある。

何週間かはツライ避難生活を送ったものの、本当の被災者の苦しみ悲しみを理解する事は出来ていない、と。

それは実際、今でもそうは思うのですが、しかしペットとはいえ家族に行方不明になられ、安否不明の状態を三週間経験した事で、沿岸部被災者の何十分の1、いや、何百分の1かの気持ちは理解できたのかもしれません。

ペットにいなくなられるだけでこれだけ苦しいというのに、まして人間、さらには生まれ育った街ごと失ってしまった方々の痛みと苦しみは、いかばかりか。



今、報道でも震災関連のニュースは以前に比べれば少なくなってきました。

世の中が平常運転に戻ってしまったかのような錯覚に陥る時もあります。

でも目と鼻の先で、まだまだ苦しんでいる方々が大勢いる現状、震災が風化してしまう事を最も怖れます。

せめて最低あと2年は、毎日ニュースで取り上げ続けて欲しい。

忘れられさえしなければ、必ず復興は果たせるハズ。

そしていつか、東北から世界中に恩返し出来る日がやってきます。

僕たちは既に、それを心に誓っているのだから。
| 近況・報告 | 00:00 | - | - | pookmark |
余震後
停電でまた仕事中断、トイレ難民と一気に数週間前に戻された訳ですが。

今回はなんとか24時間程度で電気がぽぽぽぽーん。

東電(東北電力)がとても優秀で助かります。

しかし、余震で外れた窓から愛猫の一匹が外に出てしまい、まだ帰ってきません
(T . T)

ビラを作ってご近所さんのおウチに貼らせて頂きました。

皆さん快諾してくださってありがたいのです。

頼むから帰ってきてくれ〜(T ^ T)
| 近況・報告 | 15:37 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS